京都大学大学院医学研究科 | 初期診療・救急医学分野 |

2006年に誕生した、新しい講座です。歴史と実績に彩られた診療科がひしめく京大病院のなかにあっては、まだまだ発展途上にある診療科です。京大病院は2015年4月に災害拠点病院となり、12月からは新病棟のヘリポートが稼働します。また、2019年には急性期疾患に特化した新病棟がオープンします。我々は今後、超急性期医療の充実に向けて邁進し、学生・研修医等への教育を発展させ、基礎・臨床分野における研究を推進します。この目標に向かって集まったスタッフの専門分野は多彩で、明るく自由な雰囲気が醸しだされています。初期診療の能力を身につけたい先生、 救急医療に憧れを抱いている先生、ぜひ、私たちの医局の門をたたいてください。この医局には、さまざまなキャリアパスを経た人間が集まっています。 将来に夢を持つ皆さんと、京都大学で一緒に新しい救急医学分野を作りたいと思います。

                 

NEWS ニュース・研究成果・セミナー情報などのお知らせ⇒一覧はこちら
ページのトップへ [PageTop]