お申し込み

MENU

教育プログラムProgram

教育プログラム

高い看護実践能力と指導力をもつクリニカルコーチ(新人教育担当者)を各部署に配置して、新卒看護師の指導にあたります(クリニカルコーチ制度)。そして、2~3年目の看護師を新卒看護師1人に対して1人配置し、新卒看護師が職場に適応するためのメンタルサポートを行っています(サポーター制度)。

2年目の看護師(中途採用者で看護経験が2年目の人を含む)を対象にした研修で、「メンバーシップ研修」「看る力を育む研修」「看護過程研修」で構成されています。

3年目の看護師(中途採用者で看護経験が3年目の人を含む)を対象にした研修で、看護理論と実践の統合を目標とし、自らの看護実践を客観的に振り返り、言語化、意見交流、実践への最新エビデンスの活用を通して、看護理論と実践の統合を目指します。
また事例発表会では、大学病院における研究活動の第一歩としてプレゼンテーションの場を経験し、専門職業人として主体的な学習を継続して行います。 さらにリーダーシップ研修および臨床倫理研修では、卒後3年目看護師として、リーダーシップを発揮する為に必要な能力を養うとともに倫理観を培っていきます。​

​4年目の看護師を対象にした研修で、実践Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ研修での学びを基礎にレベルアップをはかり、患者の在宅療養支援に係る関係機関の連携や多職種協働について理解を深め、継続看護に活かせることをめざします。また、実習指導者の役割を理解します。​

この研修は、当院の「看護師が行う静脈注射・輸液管理に関する基準」で定められている研修で、講義と演習で構成されています。 すべての研修を修了した人はIVナース・レベルⅡの認定試験の受験資格を得ることができ、筆記試験・実技試験に合格した人にレベルⅡの認定証が交付され、静脈留置針による血管確保、CVポート取り扱いなど静脈注射・輸液管理にかかわる標準的な業務を取り扱うことができます。 さらに研修を受けると、生物学的製剤や18G以上の静脈留置針を用いた末梢静脈確保が実施でき、レベルⅡの認定を受ける看護師の技術指導ならびに技術認定試験が実施できる、レベルⅢの資格を得ることができます。 また特定の部署に対しては、抗がん剤のための血管確保を行うことができるレベルⅢC、造影剤の静脈注射が実施できるレベルⅢDの資格があり、特別に講義や演習・試験を受けて合格するとバッジと認定証が交付されます。​

レベルアップコース

がん患者に対する看護ケアの質向上のために、院内及び関連施設のがん看護ジェネラリスト看護師の臨床実践能力を養い、所属する組織でのがん看護のレベルアップを図ることを目的としています。当院は、平成21年よりがん診療連携拠点病院としての役割を担ってきました。昨今は、「診断時からの緩和ケア」が重要視されています。がん看護レベルアップ研修では、がん治療と診断時からの緩和ケアの両側面に着目し、国内外で広く行われているエンド・オブ・ライフ・ケア教育プログラム「ELNEC-J」と、日本看護協会が推奨している診断時からの緩和ケアの推進を目的とした「厚労省委託がん医療に携わる看護師研修」のプログラムを組み合わせた研修を行っています。 

感染管理に必要な知識・技術を習得し、各部署において根拠に基づいた感染防止対策を実践・指導できる人材育成が目的としています。感染管理マニュアルを再確認し、自部署の感染対策についての疑問や課題に取り組みます。研修は、細菌やウイルスの知識、標準予防策や経路別予防策の講義や演習、細菌培養検査の体験、部署の感染対策をレベルアップさせるためのグループワークなどで進められ、感染管理の基礎からの振り返りや日頃の疑問を解決していける内容になっています。

在宅療養支援に必要な制度の知識や面談技術を身につけ、部署の在宅療養支援の現状や課題をリーダーシップを取りながら改善させ、在宅療養支援の質の向上を図ることが目的です。この研修では、講義だけでなく、面談場面を想定したロールプレイ、地域ネットワーク医療部実習で在宅療養支援の実際を見学して、多職種の役割やチーム連携の重要性を理解します。

急性期・重症患者の管理に必要な知識・技術を習得し、リーダーシップを発揮しながら、チームで安全・安楽に配慮した看護ケアが実践できて、自部署の重症集中ケアに還元できることを目的としています。 高度急性期医療を担う当院では、発達段階に応じた呼吸・循環管理・水分管理・神経所見、栄養、リハビリテーションなどの講義、演習、重症集中ケアユニットでの実習など包括的な重症集中ケアを学ぶことができます。また、成人看護領域だけでなく、小児看護領域に特化した重症集中ケアをテーマに研修を開催する取り組みもしています。

摂食嚥下障害についての基礎を理解し、ジェネラリスト看護師の臨床実践能力を養い、部署での摂食嚥下障害看護のレベルアップを図ることを目的としています。 摂食嚥下のメカニズムなどの講義、口腔ケアや嚥下食の試食会、肺理学療法の実技演習といった摂食嚥下障害看護に必要なの知識と技術を習得したうえで、患者さんのQOLを目指したグループワークを行う充実した内容です。 摂食嚥下障害ケアに関わるテーマは多岐に渡り、公開講座としても設定されています。そのなかで、チーム医療における摂食嚥下障害ケアに対する看護師の役割を理解することができる内容となっています。

急性期病院で入院を必要とする高齢者看護の質向上のために、院内及び関連施設のジェネラリスト看護師を対象として、老年期の特徴、認知症・せん妄の基本的な病態、診断やアセスメント、治療、看護を学び、チームを巻き込んで認知症・せん妄を呈する患者さんに適切で安心できる看護を提供することを目的としています。 また、看護実践に活かすエンド・オブ・ラフケアを推進していくために、エンゼルメイク研究会共催で、エンゼルメイクを看護の締めくくり・看取りのケア研修も実施しています。

講義・演習・実習を通して褥瘡ケアについての理解を深め、リーダーシップを発揮して各部署の褥瘡ケアのレベルアップにつなげることを目的とした研修です。「褥瘡のリスクアセスメント」「体圧分散寝具の種類と選択」「スキンケアの基本」「栄養と褥瘡・褥瘡治療」「医療関連機器圧迫創傷(MDRPU)予防ケア」から講義や演習が構成され、そのあとに、グループワークや褥創外来見学実習で知識・技術を統合していきます。

臨床試験看護レベルアップコース
~臨床試験に必要な看護を学びます~ 

2017年 京大病院は日本の臨床研究の中核拠点病院に承認されました。 それと同時に、臨床試験での看護に必要な基礎知識、法律や倫理、振る舞いなどを学ぶ、臨床試験看護レベルアップ研修を開講しています。 2019年にはiPS等臨床試験センターの設置を見据え、京大病院初の新しい医療が発信できるよう、臨床試験看護の活躍・推進が期待されています。

全体研修
~すべての看護師がレベルアップできる全体研修を積極的に開催~

経験年数や部署を問わず全看護職員を対象とし、全体のレベルアップを図る研修です。多くの公開講座などが実施されています。
研修報告会では研修受講後の活動について報告され、参加者は報告を聞くことで自部署の活動の参考とすることができるため、人気の高い研修となっています。

エキスパート養成研修
~高度な専門的知識と技術を持ち合わせて、質の高いサービスが提供できるエキスパートナースへの成長をバックアップ~

エキスパートナース養成研修は、高度な専門的知識と技術を持ち合わせて、質の高いサービスが提供できる看護師の養成を目的に行われる研修プログラムです。 がん看護、褥瘡ケア、感染管理などの各領域レベルアップ研修修了者で、より高度な専門的知識と技術を身に付けたい意欲のある看護師が対象となります。エキスパートナースとして必要なリーダーシップ論や看護倫理、文献検索、情報処理、プレゼンテーションなどを学ぶ共通科目に加え、より高度実践看護を行うための領域別プログラムを設けています。

Ask me!ナース(アクスミーナース)養成プラン
~外国人の方が安心して医療を受けられるコミュニケーション~

京都には、海外から大勢の旅行者や留学生、教員・研究者らが来られます。言葉や文化の壁を越え、外国の方々にも日本人と同じように安心の医療が提供できるよう、京都大学医学部附属病院では英語・中国語が話せるAsk me! ナース(アスクミー・ナース)養成研修を行っています。 Ask me! ナース養成研修は単なる通訳ではなく、異なる文化的背景をもつ外国人の方々の生活を理解し、ホスピタリティに満ちた接遇と英語での快適なコミュニケーションを通して、外国人の方々にも安心の医療が提供できるよう、医療チームの中心となりサポートすることが、Ask me! ナースの真の役割です。ケアとしての通訳、そこには看護師だからこそできる良質なサービスがあります。 学習支援ツール

利用できる施設

臨床に携わる医師、看護師、その他のメディカル・スタッフの卒前卒後の教育を、一貫性を持って、統一して行うために2005年度に設立されました。看護職員も利用できる研修プログラムや各種シミュレータを取り揃えています。看護師として臨床経験や教育経験を持つ教官もおり、皆様を温かく迎えてくれます。

職員用アカウントIDの発行により、京都大学医学部附属図書館の利用が可能になります。そのほか、京都大学内の図書館も利用可能です(一部、許可されない場合もあります)。京都大学が契約している各種データベースへもアクセスでき、幅広い文献の検索が可能となります。

プログラムお申し込み