●HOME > 教室の活動(論文・学会発表) > 2013年業績録

2013年

【Ⅰ】著 書
  1. 鈴木崇生「気管挿管法」今日の治療指針 2013年度版, 医学書院, 東京
  2. 鈴木崇生 編集・執筆

    「産婦人科必修 母体急変時の初期対応」
    Part2 母体急変時の初期対応:京都プロトコール
    Part4          2. カテコラミンの使い方、3. 輸血はこうする、5. ステロイドの功罪
    メディカ出版、2013年11月15日発行

  3. 森 智治、大鶴 繁、小池 薫 「診断と治療 増刊号 症候編:浮腫(アレルギー性を含め)」診断と治療社、2014年3月25日発行
  4. 森 智治、佐藤格夫、小池 薫「Ⅱ章 救急にやってくる患者に投与するときの注意」BEAMシリーズ、ステロイドを使いこなす、文光堂、in press
  5. 大鶴 繁、千葉 勉 「カラー版 消化器病学 基礎と臨床;1章2. 医療面接(問診)」 西村書店、2013年10月
  6. 柚木知之「アナフィラキシー」救急医学、第37巻6号、呼吸器救急 対応のコツとピットフォール回避、2013年6月救急医学
  7. 小池薫、南丈也

    「救急医療と内分泌代謝」最新内分泌代謝学, pp. 72-73、診断と治療社、2013年3月27日発行

  8. 西山慶 「COPDと心血管イベント─CREDO-KYOTO registryより」 月刊心臓 日本心臓財団 2013年4月号Vol.45 No.4
  9. 佐藤格夫 咽頭・気管支内異物 今日の治療指針2013、p32-33、医学書院、2013年1月発行
  10. 佐藤格夫、邑田悟、苛原隆之 膀胱内圧測定、救急医学37巻3号274-277、2013年
  11. 佐藤格夫、邑田悟、苛原隆之 急性期栄養管理におけるガイドラインの紹介 米国、欧州、カナダ、日本のガイドラインに違いはあるの?エキスパートが本気で教える重症患者の栄養管理 急性・重症患者ケア2巻2号472-482 2013年
  12. 苛原隆之、佐藤格夫、邑田悟、川嶋秀治 病態や周術期によって栄養管理に違いはあるの? 呼吸器ケア11巻9号944-952 2013年
  13. 佐藤格夫、苛原隆之、邑田悟、川嶋秀英、趙晃済、大鶴繁、小池薫 栄養による抗炎症作用 ICUとCCU 37巻11号833-840、2013年
  14. 塩見直人、小池薫

    5.熱傷の処置法「特集 急患•急変対応マニュアルⅡ.最新の蘇生手技・救急対処法」耳鼻咽喉科・頭頸部外科、第85巻第5号、pp44-49、医学書院、2013年4月30日発行

  15. 檜垣聡、小池薫

    「敗血症の診断/治療の実情と病態•メカニズムをふまえた開発戦略」
    第7章 敗血症由来の疾患の治療と有効性評価
    第5節 敗血症由来の急性腎障害の治療と有効性の評価
    (株)技術情報協会、2013年8月発刊



【Ⅱ】英文論文
A) 原 著
  1. Sartelli M, Catena F, Ansaloni L, Moore E, Malangoni M, Velmahos G, Coimbra R, Koike K, Leppaniemi A, Biffl W, Balogh Z, Bendinelli C, Gupta S, Kluger Y, Agresta F, Di Saverio S, Tugnoli G, Jovine E, Ordonez C, Gomes CA, Junior GA, Yuan KC, Bala M, Peev MP, Cui Y, Marwah S, Zachariah S, Sakakushev B, Kong V, Ahmed A, Abbas A, Gonsaga RA, Guercioni G, Vettoretto N, Poiasina E, Ben-Ishay O, Díaz-Nieto R, Massalou D, Skrovina M, Gerych I, Augustin G, Kenig J, Khokha V, Tranà C, Kok KY, Mefire AC, Lee JG, Hong SK, Lohse HA, Ghnnam W, Verni A, Lohsiriwat V, Siribumrungwong B, Tavares A, Baiocchi G, Das K, Jarry J, Zida M, Sato N, Murata K, Shoko T, Irahara T, Hamedelneel AO, Naidoo N, Adesunkanmi AR, Kobe Y, Attri A, Sharma R, Coccolini F, El Zalabany T, Khalifa KA, Sanjuan J, Barnabé R, Ishii W; Complicated intra-abdominal infections in a worldwide context: an observational prospective study (CIAOW Study). World J Emerg Surg. 2013 Jan 3;8(1):1. doi: 10.1186/1749-7922-8-1.
  2. Sartelli M, Viale P, Catena F, Ansaloni L, Moore E, Malangoni M, Moore FA, Velmahos G, Coimbra R, Ivatury R, Peitzman A, Koike K, Leppaniemi A, Biffl W, Burlew CC, Balogh ZJ, Boffard K, Bendinelli C, Gupta S, Kluger Y, Agresta F, Di Saverio S, Wani I, Escalona A, Ordonez C, Fraga GP, Junior GA, Bala M, Cui Y, Marwah S, Sakakushev B, Kong V, Naidoo N, Ahmed A, Abbas A, Guercioni G, Vettoretto N, Díaz-Nieto R, Gerych I, Tranà C, Faro MP, Yuan KC, Kok KY, Mefire AC, Lee JG, Hong SK, Ghnnam W, Siribumrungwong B, Sato N, Murata K, Irahara T, Coccolini F, Lohse HA, Verni A, Shoko T; 2013 WSES guidelines for management of intra-abdominal infections. World Journal of Emergency Surgery 2013, 8:3 doi:10.1186/1749-7922-8-3
  3. Ohtsuru S; Dynamics of defective hepatitis C virus clones in reinfected liver grafts in liver transplant recipients; ultra-deep sequencing analysis. Journal of Clinical Microbiology 2013, 51(11):3645.
  4. Kawano T, Nishiyama K, Anan H, Tsujimura Y; Direct relationship between aging and overcrowding in the ED, and a calculation formula for demand projection: a cross-sectional study" Emerg Med J 2013;0:1–5.
  5. Takenobu Y, Hayashi T, Moriwaki H, Nagatsuka K, Naritomi H, Fukuyama H. Neuroimage; Motor recovery and microstructural change in rubro-spinal tract in subcortical stroke. Clin. 2013;4:201-208
  6. Kluger Y, Ben-Ishay O, Sartelli M, Ansaloni L, Abbas AE, Agresta F, Biffl WL, Baiocchi L, Bala M, Catena F, Coimbra R, Cui Y, Di Saverio S, Das K, El Zalabany T, Fraga GP, Gomes CA, Gonsaga RA, Kenig J, Lepp?niemi A, Marwah S, Junior GA, Sakakushev B, Siribumrungwong B, Sato N, Tran? C, Vettoretto N, Moore EE. World society of emergency surgery study group initiative on Timing of Acute Care Surgery classification (TACS). World J Emerg Surg. 2013 May 1;8(1):17. doi: 10.1186/1749-7922-8-17.
  7. Sartelli M, Coccolini F, van Ramshorst GH, Campanelli G, Mandal? V, Ansaloni L, Moore EE, Peitzman A, Velmahos G, Moore FA, Leppaniemi A, Burlew CC, Biffl W, Koike K, Kluger Y, Fraga GP, Ordonez CA, Di Saverio S, Agresta F, Sakakushev B, Gerych I, Wani I, Kelly MD, Gomes CA, Faro MP Jr, Taviloglu K, Demetrashvili Z, Lee JG, Vettoretto N, Guercioni G, Tran? C, Cui Y, Kok KY, Ghnnam WM, Abbas Ael-S, Sato N, Marwah S, Rangarajan M, Ben-Ishay O, Adesunkanmi AR, Segovia Lohse HA, Kenig J, Mandal? S, Patrizi A, Scib? R, Catena F. WSES guidelines for emergency repair of complicated abdominal wall hernias. World J Emerg Surg. 2013 Dec 1;8(1):50. doi: 10.1186/1749-7922-8-50.
B) Case report

C) ガイドライン・コメント・エッセイ


【Ⅲ】和文論文
A) 総説・講座・解説
  1. 武信洋平, 脳神経疾患の病態生理 ビジュアル辞典, 「一過性脳虚血発作」,「心原性脳塞栓症」,「アテローム血栓性脳梗塞」,「ラクナ梗塞」,「TSI」,「頚動脈狭窄」,「出血性脳梗塞」,ブレインナーシング第30巻5号
  2. 織田成人、相引真幸、池田寿昭、今泉均、遠藤重厚、落合亮一、小谷穣治、志馬伸朗、西田修、野口隆之、松田直之、平澤博之 ガイドライン作成ワーキンググループ(佐藤格夫、他25名)日本版敗血症ガイドライン Journal of the Japanese society of intensive care medicine . 20(1); 124-173, 2013
  3. 長浜雄志、佐藤格夫、Schols Annemie, Steiner Michael, Pison Christophe. ESPEN LLL Topic38. 呼吸器疾患における栄養サポート 静脈経腸栄養28巻795-818, 2013.
B) 和文 原著・症例報告
  1. 佐藤格夫、白石振一郎、金史英、尾本健一郎、苛原隆之、磐井佑輔、久志本成樹、横田裕行Abdominal compartment syndromeを起し得る病態における経腸栄養管理のStrategy  日本腹部救急医学会雑誌33巻5号829-835, 2013
C) その他(監修・編集・ガイドラインなど)
  1. 佐藤格夫、小池薫 「多発外傷」総合医学、集中治療専門医テキスト、pp. 450-467、2013年3月刊行
  2. 小池薫 21世紀に誇れる医学医療交流

    「対談 600人の助成社に「感謝」と「誇り」をもってもらえるために」デビット•サターホワイト × 小池薫

    pp18-19、公益財団法人 日米医学医療交流財団

 



【IV】 国際学会
  1. Koike K

    Position paper: Surgical Site Infection
    World Sosiety of Emergency Surgery, 2nd World Congress, Bergamo, Italy、
    July 7, 2013

  2. Ishii W, Okada Y, Ichikawa T, Arai Y, Oda K, Sakakibara K, Higaki S, Sato N, Iizuka R, Koike K, Kitamura M

    Postoperative complication rates for laparoscopic versus open appendectomy World Sosiety of Emergency Surgery, 2nd World Congress, Bergamo, Italy、July 7, 2013

  3. Irahara T, Sato N, Moroe Y, Fukuda R, Iwai Y, Unemoto K, Yokota H. 

    Effectiveness of intra-aortic ballon occlusion for traumatic hemorrhagic shock
    World Sosiety of Emergency Surgery, 2nd World Congress, Bergamo, Italy、July 7, 2013

  4. Homma H, Yukioka T, Oda J, Kaneko N, Suzuki T, Nagata K, Itoh M, Terayama H, Qu N, Shichinohe T, Sato N, Taguchi H, Mashiko K, Itho M, Fukuhara T, Naito Y, Shimuzu T.

    Effectiveness of cadaver based educational seminar for trauma surgery training.
    The 7th Asian Conference on Emergency Medicine, Tokyo, Oct 25, 2013 

  5. Sato N, Kitaguchi A, Hirakawa K, Konta T, Hatanaka N, Irahara T, Kawashima S, Suzuki T, Cho K, Murata S, Koike K.

    The protective role of enzyme treated asparagus extract against oxidant stress in intestinal epithelial cells.
    The 21st International cogress on nutrition and integrative medicine. Sapporo, July 27-28. 2013.

  6. Y. Takenobu, A. Ishii, K. Yoshida, T. Kikuchi, M. Ando, Y. Yamao, H. Chihara, M. Takezawa, K. Koike, S.Miyamoto,  Drip, Drive, and Retrieve -New Application of Mobile Neuro IVR Team-, International Stroke Conference 2013, Hawaii, USA
  7. Nishiyama K, Ito N, Tsuruoka A, Hayashida K, Takabayashi T, Yamada N, Norimoto K, Kataoka A, Himeno H, Anan H.

    Serial characterization of neurological function after out-of-hospital cardiopulmonary arrest: incidence, prevalence, and predictors of late-improvement
    2013 European Society of Cardiology annual scientific session, Amsterdam, Netherlands

  8. Nishiyama K, Ito N, Otsuka M, Morooka T, Abe M, Orita T, Kudou D, Watanabe T, Yasuda H, Nishi Y.

    Sex-related differences of cerebral circumstances and clinical outcomes in patients with out-of-hospital cardiopulmonary arrest
    2013 European Society of Cardiology annual scientific session, Amsterdam, Netherlands

  9. Nishiyama K.

    What indication should we perform primary percutaneous coronary intervention, therapeutic hypothermia, and extracorporeal CPR in patients with out-of-hospital cardiac arrest? 
    The 7th Asian Conference on Emergency Medicine, Tokyo, Japan

  10. Kawano T., Nishiyama K.

    THE RESTORATION OF LAVATORY SYSTEMS IN SHELTERS IS ESSENTIAL FOR PREVENTING OUTBREAKS OF ACUTE GASTROENTERITIS
    The 7th Asian Conference on Emergency Medicine, Tokyo, Japan

  11. Kei Hayashida, Kei Nishiyama, et.al.

    Estimated Regional Oxy-hemoglobin Concentration Is an Excellent and Simple Predictor of Neurological Outcome for Post Cardiac Arrest Syndrome: A Prospective Multicenter Observational Study
    2013 American Heart Association Resuscitation Science Symposium, Dallas, U.S.A

  12. Tomoyuki Endo, Kei Nishiyama, et.al.

    Late Improvement Of Neurological Function After Out-of-hospital Cardiopulmonary Arrest: Incidence, Prevalence, And Predictors" 2013 American Heart Association Scientific Sessions, Dallas, U.S.A

  13. Tomonori Tamura, Kei Nishiyama, et.al.

    Sex Difference Of Clinical Outcomes In Patients With Out-of-hospital Cardiopulmonary Arrest: A Prospective Multicenter Observational Study
    2013 American Heart Association Resuscitation Science Symposium, Dallas, U.S.A

  14. Satoru Murata, Takao Suzuki, Kou Hasegawa, Youhei Takenobu, Shigeru Ohtsur, Kei Nishiyama, Norio Sato, Kaoru Koike

    Two cases of crowned dens syndrome Poster
    The 7th Asian Conference on Emergency Medicine, Tokyo, Oct 25, 2013



【Ⅴ】全国学会
A) 教育講演・共催セミナー
  1. 佐藤格夫、第2回教育セミナー重症患者の栄養管理の考え方と実際 東京、2013年1月19日(日本クリティカルケア看護学会主催)
  2. 佐藤格夫、第11回日本フットケア学会・第5回日本下肢救済足病学会合同学術集会共済セミナー、横浜、2013年2月9日
  3. 佐藤格夫、第41回日本救急医学会 イブニングセミナー 栄養療法Up to date 重症患者における病態別管理、東京、2013年10月22日
B) シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ
  1. 佐藤格夫、播摩裕、岡村昌彦、苛原隆之、磐井佑輔、鈴木崇生、小池薫

    「京都大学救急科におけるAcute care surgeon育成プログラム作成に向けて
    シンポジウム:重症患者の栄養管理—栄養管理プロの技—」第49回日本集中治療医学会学術集会、松本、2013年2月28日

  2. 佐藤格夫、大鶴繁、武信洋平、邑田悟、鈴木崇生、西山慶、長谷川功、小池薫

    重症患者の栄養管理 栄養管理プロの技 重症患者に対する私たちの経腸栄養開始へのアプローチ
    シンポジウム「重症患者の栄養管理—栄養管理プロの技—」第49回日本集中治療医学会学術集会、松本、2013年2月28日

  3. 佐藤格夫 

    消化管内環境に視点を置いたアプローチ 選択的消化管除菌とプレ・プロ・シンバイオティクス
    合同シンポジウム「救急集中治療領域の栄養管理」第28回日本静脈経腸栄養学会・日本集中治療医学会合同シンポジウム、金沢、2013年2月21日

  4. 小池薫 「複雑な混合物における変化や以上の検出を可能とする新規診断技術」BIOtech2013 アカデミックフォーラム、東京、2013年5月8日
  5. 佐藤格夫、播摩裕、岡村昌彦、苛原隆之、磐井佑輔、鈴木崇生、小池薫「京都大学救急科におけるAcute care surgeon育成プログラム作成に向けて」シンポジウム、第49回日本腹部救急医学会総会、福岡、2013年3月14日
  6. Ito N, Nagao K, Tsuruoka A, Nishiyama K, Morooka T, Hayashida K, Abe M, Orita T "Noninvasive Regional Cerebral Oxygen Saturation for Neurological Prognostication of Patients with Out-of-Hospital Cardiac Arrest: A Multicenter Prospective Cohort Study" シンポジウム  心室細動に対する心脳蘇生と救急心血管治療、第77回 日本循環器学会学術総会、横浜、2013年3月 
  7. 西山 慶 「rSO2を用いた心原性院外心肺停止患者の重症度評価と治療へのトリアージ」シンポジウム 心原性ショック・心停止に対するインターベンションの現状と展望  第22回 日本心血管インターベンション治療学会、神戸、2013年7月
  8. Acute thrombectomy ─ 血管内治療は切り札となれるのか?

    武信洋平, 石井暁, 菊池隆幸, 安藤充重, 山尾幸広, 千原英夫, 新井大輔, 宮本享Drip, Drive, and Retrieve-mobile neuro IVR teamによる脳卒中広域連携-
    第29回 日本脳神経血管内治療学会学術総会(新潟)2013年11月23日

  9. 小池薫 「複雑な混合物」の属性を識別する技術」イノベーション・ジャパン2013、東京、2013年8月29-30日
C) 一般演題
  1. 柚木知之、加藤果林、中野哲志、堀田剛、山本正樹、松村康史、長尾美紀、伊藤穣、髙倉俊二、一山智「Mycobacterium kansasiiによる皮膚病変の一例」第87回日本感染症学会学術集会、横浜、2013年6月5日
  2. 戸島麻耶、佐藤格夫、野間俊一、石原知代、島澤明子、武信洋平、大鶴繁、邑田悟、長谷川功、小池薫「必須脂肪酸欠乏を呈していたRefeeding syndromeの一症例」第49回日本集中治療医学会学術集会、松本、2013年3月2日
  3. 長谷川功、佐藤格夫、武信洋平、邑田悟、大鶴繁、西山慶、鈴木崇生、石橋一馬、中倉真人、小池薫「対外式膜型人工肺(ECMO)と高頻度振動換気装置HFOWを用い気道熱傷によるARDSが改善した一例」第49回日本集中治療医学会学術集会、松本、2013年3月1日
  4. 長谷川功、佐藤格夫、武信洋平、邑田悟、大鶴繁、西山慶、鈴木崇生、石橋一馬、中倉真人、小池薫「気道熱傷により発症した急性呼吸促迫症候群に対してECMOと間欠的なHFOVを用い集中治療により救命し得た一例」第35回日本呼吸療法医学会学術総会、東京、2013年7月21日
  5. 山畑佳篤、鈴木崇生、太田凡、小池薫、安炳文「院間Rapid Response Systemの試み〜京都産科救急初期対応プロトコールとトレーニング」一般口演(関連演題14)、16回臨床救急医学会学術集会、東京、2013年7月13日
  6. 西山 慶

    どの院外心停止にprimary PCI,低体温療法、PCPSを実施するべきか
    2013年7月 第22回 日本心血管インターベンション治療学会 (神戸)  Late Breaking Clinical Science

  7. 林田 敬、西山 慶

    蘇生後症候群患者のリスク層別化にEstimated regional oxy-hemoglobin  は有用である(多施設観察研究 : J-POP registry)
    2013年9月 第61回日本心臓病学会学術集会 (熊本)

  8. 邑田悟、佐藤格夫、長谷川功、森智治、趙晃済、武信洋平、大鶴繁、西山慶、鈴木崇生、小池薫「大服薬と低体温により心肺停止に至り、遅延する意識障害の後に完全回復した1例」一般ポスター、第41回日本救急医学会総会、東京、2013年10月21日
  9. 伊藤次郎、佐藤格夫、武信洋平、大鶴繁、邑田悟、長谷川功、鈴木崇生、西山慶、森智治、趙晃済、小池薫「血漿アポリポ蛋白濃度低下、必須脂肪酸欠乏を呈していたRefeeding syndromeの一症例」一般ポスター、第41回日本救急医学会総会、東京、2013年10月21日
  10. 北野正之、鈴木崇生、武信洋平、佐藤格夫、西山慶、大鶴繁、趙晃済、森智治、長谷川功、邑田悟、小池薫「人工内耳埋め込み後の頭部外傷にて髄液耳漏をきたした1例」一般ポスター、第41回日本救急医学会総会、東京、2013年10月22日
  11. 森智治、長谷川功、邑田悟、趙晃済、武信洋平、大鶴繁、佐藤格夫、西山慶、鈴木崇生、小池薫「Lewry小体型認知症に亜急性料足声帯麻痺を合併し、緊急気管切開を施行した一例」一般ポスター、第41回日本救急医学会総会、東京、2013年10月23日
  12. 稲垣真裕、大鶴繁、長谷川功、森智治、趙晃済、武信洋平、鈴木崇生、西山慶、佐藤格夫、小池薫「出血性十二指腸潰瘍の経過中に後天性血友病Aの発症が疑われ、内視鏡的止血術に難渋した1例」一般ポスター、第41回日本救急医学会総会、東京、2013年10月23日
  13. 佐藤格夫、播摩裕、岡村昌彦、苛原隆之、邑田悟、鈴木崇生、小池薫 優秀演題 京都大学救急科におけるAcute Care Surgeon育成プログラム作成、第5回日本Acute Care Surgery学会学術集会、東京、2013年11月10日
  14. 武信洋平, 石井暁, 菊池隆幸, 安藤充重, 山尾幸広, 千原英夫, 新井大輔, 宮本享Drip, Drive, and Retrieve -mobile neuroIVR teamによる脳卒中広域連携-第39回日本脳卒中学会総会(大阪) 2014年3月13日
  15. 引網亮太、北村彰浩、武信洋平、吉田和道、高橋良輔 椎骨・内頸動脈の狭窄が治療抵抗性に急速に進行した側頭動脈炎の一例 第39回日本脳卒中学会総会 (大阪) 2014年3月13日


【Ⅵ】地方会・研究会
A) 教育講演・特別講演
  1. 大鶴 繁、「災害対策:京大病院の取り組み」、第16回地域連携懇談会(左京医師会) 、京都、2013年2月9日
  2. 小池薫 講演「元気に生きましょう」第56回都鳥の会、2013年2月24日
  3. 小池薫 講演「福島第一原発における医療と関西の備え」山口県救急フォーラム、2013年4月24日
  4. 小池薫 講演「福島第一原発における医療と関西の備え」清交社 健康懇話会、2013年6月25日
  5. 小池薫 講演「福島第一原発における医療と関西の備え」大愚塾大地の会、米原、2013年9月15日
  6. 小池薫 講演「福島第一原発における医療と関西の備え」「災害時における大学病院間の相互支援に関する協定」に基づく連絡会議、京都、2013年10月11日
  7. 小池薫 特別講演「新しい臨床診断技術の開発をめざして」第2回周術期管理フォーラム、東京、2013年12月
  8. 西山 慶 「エビデンスの作り方~臨床の現場から、世界に情報発信するために~」京滋クリティカルケア・ヤングアカデミー第4回セミナー 2013年2月、京都
  9. 西山 慶 「Clinical studyを開始するために」 福井大学 学内セミナー (大学院セミナー)  2013年5月、福井
  10. 西山 慶 「臨床論文を書いてみよう ~その実際のノウハウ~ 」滋クリティカルケア・ヤングアカデミー第5回セミナー 2013年6月、京都
  11. 西山 慶 「 Clinical studyを開始するために ~J-POP registryを例にして~」 滋賀医科大学 学内セミナー (大学院セミナー) 2013年6月、滋賀
  12. 佐藤格夫 重症外傷患者の管理 第4回京滋クリティカルケア・ヤングアカデミー 「外傷・輸血・輸液」京都、2013年2月16日
  13. 佐藤格夫 重症外傷患者のアプローチとOff the job trainingの重要性 第193回近畿外科学会・第21回日本外科学会生涯教育セミナー「外科的な救急疾患」京都、2013年6月22日
  14. 佐藤格夫 重症患者ICUでの実践的な経腸栄養戦略 東京、がん研有明病院2013年10月2日
B) 一般演題
  1. 大鶴 繁、「京大病院でのHAE症例に関する検討と救急医療における今後の課題」、京滋HAE(遺伝性血管性浮腫)カンファランス2013、京都、2013年3月29日


【Ⅶ】座 長・司 会
  1. 大鶴 繁、京滋HAE(遺伝性血管性浮腫)カンファランス2013、京都、2013年3月29日
  2. Tomoyuki Yunoki "Poster 33 Infection" The 7th Asian Conference on Emergency Medicine, Tokyo, Oct. 25th, 2013
  3. 小池薫 座長 ランチョンセミナー

    中永士師明「急性中毒に対するアフェレシス治療」第27回日本中毒学会東日本地方会、山形、2013年1月19日

  4. 小池薫 座長 特別講演「敗血症を通して学んできたこと」遠藤重厚、京都敗血症治療セミナー、京都、2013年2月9日
  5. 小池薫 座長 特別講演「東日本大震災からみた一酸化炭素中毒」伊関憲、第40回日本中毒学会西日本地方会、京都、2013年2月23日
  6. 小池薫 Chairperson Special Lecture 1「Therapeutic hypothermia for cardiac arrest」Ken Nagao、第40回日本集中治療医学会学術集会、松本、2013年2月28日
  7. 小池薫 座長 合同パネルディスカッション「消防法改正による傷病者搬送•受け入れの実施基準—現状と課題」第107回日本救急医学会近畿地方会、滋賀、2013年3月23日
  8. 小池薫 座長 ランチョンセミナー「急性期DIC診断基準とコンセンサス、その後の知見」第107回日本救急医学会近畿地方会、滋賀、2013年3月23日
  9. 小池薫 閉会の言葉 京滋HAE(遺伝性血管性浮腫)カンファランス2013、京都、2013年3月29日
  10. 小池薫 司会 講演3「脳卒中医療のトップバッター〜京都市における救急搬送」宮園健一、市民公開講座「脳卒中にならない、脳卒中に負けない2013」京都、2013年4月21日
  11. 小池薫 司会「救急領域における漢方治療の応用」中永士師明、京都臨床漢方医学講座、京都、2013年5月25日
  12. 小池薫 座長 一般演題「重症熱傷•気道熱傷」第39回日本熱傷学会総会•学術集会、沖縄、2013年6月7日
  13. 小池薫 座長 モーニングセミナー「救急医のためのうつ病等のメンタル疾患診療のコツ」第41回日本救急医学会総会、東京、2013年10月22日
  14. 小池薫 座長「趣旨説明」研修医が身につけるべきことがらと輸液  小西靖彦、研修医のための輸液セミナー、京都、2013年10月27日
  15. 栗栖茂、小池薫 座長 一般演題「腹部外傷」第5回日本Acute Care Surgery学会学術集会、東京、2013年11月10日
  16. 真弓俊彦、佐藤格夫 座長 一般演題「腹部外傷」第5回日本Acute Care Surgery学会学術集会、東京、2013年11月10日

A) JATEC,JPTEC,ACLS,PALS,災害セミナー、その他
  1. コーディネーター、田中雄二郎、伴信太郎、小池薫、日米医学医療交流セミナー「これからの医師・医学研究者にとっての海外留学の意義」2013年10月12日、東京医科歯科大学
  2. 第39回京都JPTECプロバイダーコース、2013年3/2、京都医療センター附属京都看護助産学校 コース世話人
  3. 第14回京都JPTECプロバイダー資格更新コース、2013年3/2、京都医療センター附属京都看護助産学校 コース世話人
  4. 第16回KAMOGAWA(京大・府立医大)コース 平成25年3月3日(日) 京都大学医学部附属病院 外来棟
  5. 第13回京都大学医学部附属病院ICLSコース、コースディレクター、2013年4月10日(水) 、京都大学医学部附属病院 1326040 
  6. 第6回KAMOGAWA指導者講習会、スーパーバイザー、2013年7月14日(日) 、京都大学医学部附属病院                           
  7. 第1回京大病院薬剤部フィジカルアセスメント講習会、指導者、2013年9月10日(月) 、京都大学医学部附属病院薬剤部   
  8. 第43回京都JPTECプロバイダーコース、2013年9/29、京都市立病院 コース世話人 講義担当
  9. 第17回KAMOGAWA(京大・府立医大)コース 平成25年10月20日(日) 京都大学医学部附属病院 外来棟
  10. 武信洋平, 小池薫 第24回京滋ISLSコース2014年2月23日、京都
  11. 佐藤格夫 厚生労働省委託事業「平成24年度実践的な手術手技向上研修事業」「献体による外傷手術臨床解剖学的研究会」インストラクター、2013年1月15日
  12. 佐藤格夫 厚生労働省委託事業「平成24年度実践的な手術手技向上研修事業」「献体による外傷手術臨床解剖学的研究会」インストラクター、2013年1月22日
  13. 佐藤格夫 厚生労働省委託事業「平成24年度実践的な手術手技向上研修事業」「献体による外傷手術臨床解剖学的研究会」インストラクター、2013年2月13日
  14. 佐藤格夫 厚生労働省委託事業「平成24年度実践的な手術手技向上研修事業」「献体による外傷手術臨床解剖学的研究会」インストラクター、2013年2月20日
  15. 佐藤格夫 厚生労働省委託事業「平成24年度実践的な手術手技向上研修事業」「献体による外傷手術臨床解剖学的研究会」インストラクター、2013年3月6日
  16. 佐藤格夫、第4回Advanced Trauma Operative management大阪市立大学コース、インストラクター、2013年、3月8,9日
  17. 佐藤格夫、第4回Advanced Trauma Operative management九州大学コース、2013年、5月17, 18日
  18. 佐藤格夫、第12回Advanced Trauma Operative management自治医科大学コース、講師、2013年、6月27, 28日
  19. 佐藤格夫、第5回Advanced Trauma Operative management大阪市立大学コース、インストラクター、2013年、7月14日
  20. 佐藤格夫、第3回Advanced Trauma Operative management東北大学コース、インストラクター、2013年、10月13, 14日
  21. 佐藤格夫、第6回Advanced Trauma Operative management大阪市立大学コース、インストラクター、2013年12月7,日
  22. 佐藤格夫 厚生労働省委託事業「平成25年度実践的な手術手技向上研修事業」「献体による外傷手術臨床解剖学的研究会」インストラクター、2013年11月13日
  23. 佐藤格夫 厚生労働省委託事業「平成25年度実践的な手術手技向上研修事業」「献体による外傷手術臨床解剖学的研究会」インストラクター、2013年12月18日
  24. 佐藤格夫 AEDについて 平成25年度京都大学医学部新規ボランティアを支援するための教育プログラム 2013年6月3日
  25. 鈴木崇生、JATECプロバイダーコース、インストラクター、2013年8月3日-4日、神戸
  26. 鈴木崇生、JATECプロバイダーコース、インストラクター、2012年9月7日-8日、大阪
  27. 鈴木崇生、京都産婦人科救急診療研究会 実技トレーニング講習、講師、2013年6月23日、京都府与謝郡
  28. 鈴木崇生、第4回京都産婦人科救急診療研究会、実技トレーニング講師、2013年10月27日、京都
  29. 鈴木崇生、第65回日本産科婦人科学会学術講演会 産科急変対応トレーニングセミナー 指導、2013年5月10-11日、札幌

     

B) 主催
  1. 会長 小池薫、 事務局 鈴木崇生、邑田悟 第33回日本中毒学会西日本地方会、京都大学医学部附属病院第一臨床講堂、平成25年2月23日(土)
  2. 当番世話人 小池薫 第9回京滋ER-ICUフォーラム、京都センチュリーホテル、平成25年8月24日(土)

【Ⅷ】学外教育機関講師
    1. 小池薫、「救急救命士養成課程シミュレーション実習指導」,2013年3月5日、京都市消防局南署救急救命士養成学校
    2. 小池薫、医学的基礎・救急医学「災害医療・緊急被ばく医療」,2013年9月30日、京都医療科学大学3年生
    3. 小池薫、救急医療学「熱傷・緊急被ばく医療」,2013年9月26日、京都府立医科大学4年生
    4. 小池薫、平成25年度消防職員専科教育救急科「救急業務の総論および医学概論」,2013年12月10日、京都府消防学校
    5. 大鶴 繁、京滋HAE(遺伝性血管性浮腫)カンファランス2013、京都、2013年3月29日
    6. 佐藤格夫、「救急救命士養成課程シミュレーション実習指導」,2013年3月日、京都市消防局南署救急救命士養成学校
    7. 佐藤格夫、医学的基礎・救急医学「外傷」,2013年 月30日、京都医療科学大学
    8. 鈴木崇生、平成25年度救急救命士養成課程 「全身所見の観察」,2013年9月12日、京都市消防学校
    9. 鈴木崇生、平成25年度消防職員専科教育救急科「災害医療・中毒・溺水」,2012年12月25日、京都府消防学校
    10. 鈴木崇生 京都大学人間健康科学科講義 「臨床外科疾病論I;中毒」
    11. 西山 慶、平成25年度消防職員専科教育救急科「ショック・心不全」,2012年12月、京都府消防学校
    12. 大鶴 繁、「京都市消防集団救急事故対応訓練指導」,京都市消防活動総合センター、2013年5月30日
    13. 大鶴 繁、「臨床内科疾病論Ⅰ:腹痛・急性腹症」、京都大学人間健康科学科、2013年7月5日


【Ⅸ】 競争的資金
  1. 研究種目:文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(B)

    研究課題番号:23390333
    研究課題名:肺移植臨床応用をめざした心停止ドナー肺の体外循環装置による肺傷害修復
    交付年度:平成23年度〜平成25年度 
    交付金額 直接(間接): 14,600,000蔓延(4,380,000蔓延)
    直接(間接):平成23年度 6,400,000万円(1,920,000万円)、平成24年度 0万円(0万円)、平成25年度 0万円(0万円)
    分担金:平成23年度 20万円、平成24年度 0万円、平成25年度 0
    円万円
    研究代表者:伊達洋至
    研究分担者 小池薫、板東徹、坂井宏彰、庄司剛、藤永卓司、陳豊史、佐藤寿彦

  2. 研究種目:文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(C)一般

    研究課題番号:23592668
    研究課題名:核磁気共鳴法を応用した敗血症重症化早期診断法の確立と新
    規治療ターゲットの開拓
    交付年度:平成23年度〜平成25年度
    交付金額(直接経費): 533万円(410万円)
    直接(間接):平成23年度 240万円(72万円)、平成24年度 90万円(27
    万円)、平成25年度 80万円(24万円)
    研究代表者:鈴木崇生
    研究分担者:小池薫(平成23年度分担金10万円、平成24年度分担金10万円、平成25年度分担金10万円)平川慶子、佐藤格夫

  3. 種目:文部科学省 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究

    研究課題番号:25670760
    研究課題名:質量分析を用いた小児急性脳症の早期鑑別診断法の開発
    交付年度:平成25年度
    直接(間接):290万円(87万円)
    研究代表者:小池薫
    研究分担者:平川慶子
    連携研究者:森山剛、浅野健、大野曜吉

  4. 種目:文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(B)

    研究課題番号:24390400 
    研究課題名:心肺蘇生モニタリングシステム開発に向けたrSO2値計測の有用性の検討
    研究代表者:伊藤 賀敏
    研究分担者:西山 慶
    配分額 総額:11960千円 2012年度:6500千円 (直接経費:5000千円, 間接経費:1500千円)2013年度:5460千円 (直接経費:4200千円, 間接経費:1260千円)

  5. 種目:文部科学省 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
    研究課題名:肺移植臨床応用をめざした心停止ドナー肺の体外循環装置による肺傷害修復
    交付年度:平成23年度〜平成25年度 
    交付金額 直接(間接): 14,600,000蔓延(4,380,000蔓延)
    直接(間接):平成23年度 6,400,000万円(1,920,000万円)、平成24年度 0万円(0万円)、平成25年度 0万円(0万円)
    分担金:平成23年度 20万円、平成24年度 0万円、平成25年度 0
    円万円
    研究代表者:伊達洋至
    研究分担者 小池薫、板東徹、坂井宏彰、庄司剛、藤永卓司、陳豊史、佐藤寿彦

  6. 研究種目:文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(B)

    研究課題番号:25670297 
    研究課題名:核磁気共鳴データを用いたパターン認識による解析を応用した身体的加齢評価法の開発
    研究代表者  大鶴 繁

    配分額 2013年度:3900千円
  7. 平成24年度

    「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ」
    課題番号:AS242Z01658P
    課題名:高性能微量薬液注入装置の開発
    予算額:1664 千円
    研究期間:平成24年11月1日(予定)から平成25年10月31日まで
    研究責任者:浅野健
    共同研究者:平川慶子、小池薫、佐藤格夫、大野曜吉
    コーディネーター:森川 秀行

     

ページのトップへ [PageTop]