●HOME > 大学院生募集
安尾俊祐先生(平成27年卒業) 安尾俊祐先生
平成27年卒の安尾俊祐と申します。2年間の初期研修と1年間の内科研修を東京都の河北総合病院という2次救急病院で行いました。その中で初期対応での診断や治療の重要性を実感し、診療科にとらわれず全ての患者に適切な初期対応を行えるようになりたいと思うようになり救急科を選択しました。
京大病院を後期研修先として選択させてもらった理由としては救急科としての選択肢の広さです。救急科のニーズはとても幅広く、重症度や緊急度、疾患の診断の難しさまで様々で、それに対処すべく救急医像も様々です。そういった中で様々な背景を持った指導医がいて、豊富な関連病院を持っていて、そして何より京大病院自体が今後救急医療を積極的に進めていこうとしていることが京大病院の特徴かと思います。
現在は兵庫県災害医療センターで重症外傷やE-CPRといった3次救急症例の初期対応と集中治療を勉強しています。今後はIVR・放射線読影をsubspecialityとしていく予定です。皆さんも京大病院で自分だけの救急医像を実現させてみませんか。一緒に頑張りましょう。

宮本将太先生(平成28年卒業) 安尾俊祐先生
皆様こんにちは。平成28年卒の宮本と申します。
私は香川大学を卒業後、地元関西に戻り京都大学医学部附属病院で2年間の初期研修を修了しました。翌年から修練医として引き続き京都大学医学部附属病院初期診療・救急科に入局の上で研修させていただきました。
当初は当番医をこなすこともままならない状況が続いていましたが、同期の協力やスタッフの先生方の熱心なご指導のおかげで、徐々に技術面・精神面において成長することができました。大学では主に感染症など内科救急疾患の対応が多いですが、他科と連携して産後出血や脳卒中、心筋梗塞の初療に当たることも多々ありました。また、大学病院ならではの腫瘍や難治性疾患の対応をすることもあり、1年間でも貴重な症例を複数経験することができました。京大救急の関連病院には救急に強く外傷の症例が豊富な施設が多数あるため、うまく組み合わせることでバランスよく学ぶことができると思います。
初療においては、手技や検査、そしてベッドコントロールのスピードに加えて、各患者の丁寧なassessmentが必要とされます。様々な専門分野を持つ上級医からの丁寧なフィードバック(もとい愛の鞭)のおかげで、充実した日々を過ごせました。  
現在私は、まずは救急専門医取得、その後は集中治療専門およびその関連分野について学ぶために研修しています。現在進行形でお世話になっている先生方から学んだことを、一つでも多く後輩の皆様方に伝えていくことも私の重要な使命だと考えています。一緒に京大救急医として働いてみませんか?皆様とお会いできる日を心からお待ちしています。

中村信太朗先生(平成28年卒) 中村信太朗先生
平成28年卒の中村信太朗と申します。私は、京大病院で2年間初期研修をした後、修練医として入局した上で、医療法務のスペシャリストになるために京都大学法科大学院で現在学んでいます。受験生なので予習復習に追われる日々ですが、司法試験科目に加えて、社会保障法や医療訴訟に関する講義もあり、非常に充実した時間を過ごすことができております。 
研修医時代に延命治療を希望しない旨の書面を準備されていた患者さんを担当させて頂いたものの、いざ全身状態が悪化した場面では、書面に法的拘束力はなく、本人が望む医療、患者さん家族にとって正しい医療、医学的に正しい医療、経済的に正しい医療、法的に正しい医療など立場によって尺度は異なることを突き付けられた経験がありました。そのため、医療者が自分の家族に対して提供したいと思える医療を患者様にも提供できる体制を実現するため、法曹資格を持つ医師を目指しています。具体的には、患者さんの意思決定や権利行使をサポートしたり、医療者が働く環境を改善したりする医療法務を通じて、医療機関が「最善の医療」を提供するお手伝いをしたいと考えております。
最後になりますが、このような挑戦ができるのも、ひとえに京大救急の先生方の応援があるからこそです。出身大学だけでなく、それぞれの専門分野(と個性)を持っていて、患者さんを救うために多様な人材が集まっているのが京大救急の強みです。医局の先生方は、いつでも親身になって相談して下さりますので、まずは見学にお越し頂くことをお勧めします。皆様と一緒に働けることを楽しみにしております。 

王徳雄先生(2013年卒) 王徳雄先生
2013年卒の王徳雄と申します。台湾の医学部を卒業してから、地元で1年初期研修し、アフリカのスワジランド王国にmedical officer(レジデント)として約1年間働いておりました。その後、日本で語学留学と初期研修し、京大救急に入局させていただきました。
救急医を目指すのは医学生時代からの志望です。救急医のイメージと言えば、とりあえず目の前の患者を助けることと思います。京大救急では上級医の背景は多様でいろいろなご指導をいただき、ますます成長できる環境です。また、大学病院として各診療科との連携やコミュニケーションも大事でコンサルテーションを通じて様々な疾患の治療も経験できます。現在、救急部ICUが新設され、今後集中治療のトレーニングが進んでいくと思います。最後、京都大学としてアメリカやドイツなどの大学の交流も盛んでおります。救急医学の全般を修練されたり、国際交流に興味があったりなどの方はぜひ京大救急へ!皆様のご入局をお待ちしております。 

河生多佳雄先生(平成29年卒) 河生多佳雄先生
皆様こんにちは。29年度卒業の河生(かわい)と申します。またの名を実家がラーメン屋とのこともありたいしょーと呼ばれることもございます。
私は、山口大学を卒業後、縁があり地元ではない京都にある武田総合病院にて2年間の研修医を終え、大学1年生くらいから志していた救急医としての人生のスタートを京都大学救急部に入局してスタートしています。
救急医になりたいという意思はあるもののやはり専門研修というプレッシャーがあり、当初は不安やストレスもありましたが、同期や裏表のない器の大きな上級医のご指導のおかげで少し解放されつつあります。
また当科にもES-ICUができ、重症管理もできる環境があり日々勉強の毎日ですが、自分の成長を日々感じながら救急医として成長しております。
まず私は、救急専門医を取得しその後についてはマイナー外科に興味を抱きつつありますので、それも勉強していければと考えています。未熟な私に多くのことを教えてくださる先生方の知識や救急の魅力を伝えていくのが今後の使命であり、またそれが患者さんを救うことに繋がると信じています。
目の前にいる命を救いたいという思いと救急に少しでも興味がある人は、是非一度京都大学医学部附属病院初期診療救急科を訪ねてみてください。決して後悔することはないと保証します。 

 

ページのトップへ [PageTop]